はじめてFXをする人、またはじめているが勝てないあなた そんな方にわかりやすく為替の動きをお教えします
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月2日 

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz


昨日また大きく下落を見せたドル円相場
シグナルは売り(画面上に見える赤い点が売りシグナルです)
のままです
12月1日ドル円
(クリックで拡大します)

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz


昨今マスコミでは、アメリカが弱い弱いと騒がれておりますが
実際のところはどうなんでしょうか?

またそれは、どこの国と比較して言われているのでしょうか?



ドルの強さを見るとき、特に気になるのが
ユーロの動きです
ユーロドルの動きを大きな観点から眺めてみます

<ユーロドル月足>
ユーロドル月足
(クリックで拡大します)

ユーロ/ドルは2000年の頃に底値をつけ
2003年頃から、2005年で一旦休息 お試しの期間を無事乗り越え
2006年以降黄金期を向かえ

<ユーロドル週足>
ユーロドル週足
(クリックで拡大します)

そして、それは2008年の7?8月頃に終焉を向かえ
今日の暴落へとつながっています

ここから見る、ドルとユーロのそして日本の通貨の力関係は

現在 1位日本 2位ドル 3位ユーロ

という状況が見て取れます
ドルが弱いといわれながらも未だに世界の基軸通貨ドルの位置づけは
変わらない状態ですね

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

ここで大切なのは、巷の情報に左右されず
客観的な情報を元に自分で判断をするという事です
そして、その事自体に正解・不正解はありません

そもそも人間は、間違いを起こす事が前提の動物でございます
しかし、自分で考える事を止め

他人の意見に流される状況は非常に危険です
今回の世界同時不況も根幹の問題は
そこにあるように思えてなりません

今後もレニーの判断に疑問点等あれば
どしどし、ご意見をいただければと思っております
よろしくお願いします

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz



※トレンドフォローシステムの良いところは
こういった大相場の時に力を発揮するところです

しかし普段の大半は地味な損きりが続く事も多々あります
そもそもトレンドフォローのシステムで巷の情報商材が
あたかも強調している勝率の高さを謳うこと自体
レニーとしては疑問を持たざるを得ません


その事についてはまた
後ほど・・・





他のFXブログを見られる方は
FX人気ランキングへお送りいたします
こちらからどうぞ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。